最後のお知らせ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




都市の火災事故。

ポメ顔

昨日はブログの最後を、『結局、午前中はケムンパ投げをさせられ続けた飼主。この後は昼寝もさせてもらえずに散歩にかり出されるに決まってますよ。』という文章で締めくくりました。
本来なら飼主は、11月2日の記事『犬に優しいお店』で紹介した、『Pusaoko Kitchen(プサコキッチン)』にわちらを連れて行く予定だったのですが、昨日のブログを書き終えていざ外に出ようとしたら雨。
仕方がないので、わちらはお留守番で飼主だけが夕食の買い物にスーパーに出かけました。

留守番させられ大ブーイングのわちら。
『なんでこんなタイミング悪く雨が降るんじゃ!』と運の悪さを呪いましたが、実はこれが、ものすごく運の良かったこととなったのです。


ベルコモンズ前

さて、今朝は昨日とはうって変わって朝から晴天。
青山通りを外苑通りに向かって散歩に出かけました。

昨日から今日かけて、渋谷での爆発火災の事故のニュースが大きく報じられてます。
テレビでも渋谷を強調しているので、ハチ公像や109のある渋谷駅方面を連想された方も多いと思いますが、あの事故は渋谷駅からは遠く離れたこの写真に写っている青山ベルコモンズの裏側、つまり青山のド真ん中で起こった事故なのです。

そして、今わちが立っているこの場所は、昨日わちらを置いて飼主が買い物に出かけたスーパーの前なのです。

昨日、この一帯は信じられない大騒ぎとなりました。
爆発が起こったのは、お昼の12時半頃。 ちょうどランチタイムだったので、大勢の人たちがこの辺りを歩いてました。
辺り一面ものすごい煙に、化学物質でも焼いたような悪臭。今 青山は地域開拓でビル工事がとても多いので、その中の一つで事故が起こったのだと飼主は思いました。
それから後は、けたたましく鳴り響く消防車や救急車のサイレン、しばらくすると報道関係のヘリも上空を飛び始め騒然となりました。


赤い列

この写真は、消火活動が一段落した頃の、ベルコモンズ横のキラー通り(外苑西通り)を携帯カメラで撮影したものです。
画面にはとても入りきれませんが、キラー通り全てが50台もの消防車で埋め尽くされ、真っ赤になりました。
こんな光景を見たのは、生まれて始めてです。

漫画では事故や事件が起こった時に、よく周囲のキャラクターが『な、何ぃい!!』といった台詞を言ったりしてて、飼主も自分の作品内でそういった表現をよく用いますが、本当の大惨事に会った時、人は言葉を失うんだと痛感しました。
また、漫画の中で住み慣れた場所を敵に破壊されたシーンなど、『お、俺たちの町がぁ~!』などと泣き崩れるキャラが描かれますが、実際は ただただ現場を睨みつけ立ち尽くすものなのだとも実感しました。

そう思うと、これからも漫画的表現手段として『何ぃいー!』を使うとは思いますが、もっともっと深い気持ちで人間の心理は描写しないと駄目だ。


現場

話を今朝の散歩に戻しますが、ここが爆発現場の通りです。
まだ焦げ臭いにおいが漂い、奥のほうではテレビ局のリポーターが現場中継しております。

事後が起こったばかりの時は、煙も広範囲に渡り情報が錯綜して爆発した建物がどれなのかすらわかりませんでした。
しかし時間が経つにつれ、テレビやネットでニュースが出始め、テレビや映画の特殊効果音を作るイベント会社の撮影用に使うピストルの火薬が爆発したことが判明しました。

そして、テレビでは懸命に消火活動を行う消防士さん達と避難する近隣住民の方達が映し出されたのですが、そこには飼主とわちらが行くはずだった『Pusaoko Kitchen(プサコキッチン)』が映っていたのです。
確かに事故が起こった時に、『Pusaoko Kitchen(プサコキッチン)』さん辺りだなぁとは思いました。そしたら、辺りどころか斜め前のビルだったのです。

昨日は避難なさったのか消火活動が終わった夕方以降に電話をかけてみたらお店を閉められており、心配だったので今朝『Pusaoko Kitchen(プサコキッチン)』の様子を見に行ったら、建物に損傷はなく安堵しました。
しかしながら、爆発したビルではお亡くなりになった方も出て、お隣の建物も燃えていたのでで、近隣の方々は心穏やかでない一日を過ごされたと思います。

ところで、冒頭で昨日お昼から雨が降り出したことを、『運の悪さを呪いましたが、実はこれが、ものすごく運の良かったこととなったのです。』と書きましたが、昨日 飼主がブログを書き上げたのが11時53分と表記されてます。
その後、身なりを簡単に整えてさあ出かけるかとテレビを消したのが、12時を10分ほど過ぎた時でした。
『Pusaoko Kitchen(プサコキッチン)』までは10分~15分ほどの距離なのですが、チッコばかりしているわちらを連れて行くと、マーキングタイムを合わせて20分~25分かかります。

つまり、爆発が起こった12時半頃に、ほぼ確実にこの道を通り爆発現場にいたことになるのです。


原宿二丁目商店街

ここは、爆発現場をキラー通りではさんで向かい側の『原宿二丁目商店街』です。
みなさんにもよく知られる原宿ですが、実は『原宿』という住所は存在しません。
1965年以降の住所表記変更で、原宿は『神宮前』という住所表記で統一されたためなのです。
ですから、ここ『原宿二丁目商店街』はそれ以前の名残りの名称で、この辺りは今回爆発事故があった現場と同じ『神宮前三丁目』になります。
つまり、『神宮前』は、原宿・表参道.青山一帯になるのです。


神宮前三丁目

今回の爆発事故は多数のメディアが報道しました。
『セレブ住宅街で起こった火災事故』などと銘打っていたところもありますが、写真を見ておわかりのようにこの一帯は昭和を残したたたずまいの住宅地なのです。

そんなところで、火薬を大量に取り扱っている建物があったというのが、本当に恐ろしい事なのです。
火災現場はあまりの道の狭さに、何十台も集まった消防車も1台しか道に入れずに、消火活動は大変困難したと思います。場合によっては、もっと大惨事になったかもしれません。


原宿二丁目商店街-2

レトロな『原宿二丁目商店街』を抜けると、いきなり表参道ヒルズや近代的なファッションビルが建ち並ぶ表参道の大通りになります。

東京は、ものすごい速さでいろんなビルが建設されまくってますが、そのすぐ側には高度成長期に建設ラッシュされた昭和の建物も密集している混沌とした街です。
どこかでそのひずみが来るだろうと思っていましたが、今回の事故で改めて都市の怖さを再認識しました。








プロフィール

茶壺
  • 名 前 : 茶壺
  • 犬 種 : ポメラギオン
  • 出 身 : 北海道
  • 誕生日 : 2000年3月19日
  • 必需品 : 黄色のボール
  • 必殺技 : 噛み付き
  • 好 物 : 豚の鼻
  • 嫌 い : 我慢
  • 飼い主 : 柴田亜美(漫画家)
伽羅(きゃら)
  • 名 前 : 伽羅(きゃら)
  • 犬 種 : チワーワ
  • 出 身 : 千葉
  • 誕生日 : 2008年3月20日
  • 必需品 : キッコロのぬいぐるみ
  • 必殺技 : ぶん回し
  • 好 物 : アキレス腱
  • 嫌 い : 静止
  • 飼い主 : 柴田亜美(漫画家)


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


飼い主の公式ホームページは
コチラだぞ。いつも世知辛い。


天気予報



-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


ブログ検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。